札幌でのシステム開発ならシステムバンク株式会社。行政分野・医療分野のアプリケーション開発のエキスパートです。

製品概要

法人住民税システム「法人7-NORITO7-」の概要

法人住民税システム「法人7-NORITO7-」は、 地方税の中において特異な法人住民税業務を完全サポートするシステムです。 申告入力は申告書と同じイメージで画面作成していますので、 違和感のない運用が可能です。

地方公共団体において、法人住民税業務は、ほとんどが手作業で集計処理しているのが現状です。本システムでは、各法人または税理士から申告される申告書を入力することにより、その入力データを基にした調定・収納・統計資料作成までの一連の業務をフルサポートしています。
当然、未申告法人の管理、延滞金管理、加算金管理や、歳入・歳出の自動判定などわずらわしい処理を自動化することにより、担当者が情報を柔軟に活用できる仕組みとなっています。

このシステムは、基幹業務との連携等を考えずに、単独での稼動が可能なため、システム環境面でも他のシステムとの相性を問わず導入可能なシステムです。

「法人7-NORITO7-」システムイメージ
「法人-NORITO-」システムイメージ

●電子申告取込み機能
社団法人地方税電子化協議会より通達のある「eLTAX」を介して送信される 申告書データをそのままシステムへ登録する機能を装備しました。
この機能を使用する事により、税理士や各企業から送られてくる申告用紙を システムに手入力する事無くそのままシステムへ登録する事ができ、入力時間の短縮化に繋がります。

●市町村情報
市町村合併を行った場合、各地方公共団体で管理していた税率等をそれぞれ管理することが可能です。

●法人情報
法人の細かな情報を保持し、かつ法人名称・事業期間・従業員人数・資本金等の法人情報の異動状況を履歴で管理しています。
また、市町村合併に伴う法人番号を変更した場合、新・旧の番号で法人情報を確認することができます。

●申告情報
申告書のレイアウトに合わせた入力画面ですので、どなたでも違和感なく入力できます。
また、入力画面の左側に申告履歴情報が表示されていますので、必要な時に過去の申告情報をすぐに検索することも可能です。

●調定情報
調定情報は、申告入力を行うと同時に作成されるため、直ちに、収納消し込み処理が可能です。 この調定情報を基に、前年度との調定内容を比較する等の資料も印刷できます (製品の特徴ページ参照)。

●収納情報
収納情報は、調定がある・なしに関わらず、収納入力をすることが可能ですので、申告を待たずに収納処理ができます。
当然、後から提出される申告書との連携がされます。
収納管理は、法人住民税用に作成されているため、法人税割および均等割単位での入金管理も可能で、 照会・帳票関係も法人税割・均等割をそれぞれ管理できます。

●ログ管理機能
操作のログを取ることにより、「何時」、「何処で」、「誰が」、「何を」操作したのかを把握することが可能です、 これによりシステム運用ミスの事前防止やデータ改ざん等のプライバシー対策を万全にします。

●その他の便利機能
①帳票はすべてMicrosoft Excelを使用
どの帳票もすべて、Microsoft Excelを使用して作成しています。 よって、プリンターから印刷した用紙を保管することも当然ですが、電子データとして保管することも可能です。
②第20号様式予定・中間・確定申告用紙に前回のデータを含め申告書用紙を印刷することが可能です。
※専用申告用紙(納付書付)・窓空き封筒・ドットプリンターが 必要となります。
窓空き封筒を用意しない場合は、宛名(DM)ラベルを印刷することも可能です。 また、税理士をコード管理することにより、税理士に対し、申告書提出依頼書を印刷することもできます。

▲このページのTOPへ