札幌でのシステム開発ならシステムバンク株式会社。行政分野・医療分野のアプリケーション開発のエキスパートです。

品質管理

当社の品質管理によせて

当社の品質管理方針

1. 真に顧客が求める、確実な技術力を提供する。
2. 真に顧客が求める、確実なサービスを提供する。
3. 信頼に応えられる、高度で安定した品質を提供する。
4. 変革・創造する勇気をもち、常にベンチャー企業である事。

 ISO9001の認証取得から今年で15年になりますが、下記は、平成21年に品質管理についてホームページ上で述べた一部抜粋であります。


 約8年で当社がどう変わったか・・・

  第一に、経営者から管理職、一般社員にいたるまでの品質に対する意識の変化である。当初は制定した品質マニュアル・規定類が本当に品質向上につながるのか、ほとんどの社員が疑心暗鬼のまま運用していたような気がする。品質管理責任者の仕事は、この状況を打開すべく、半ば洗脳するかの如く「この品質マニュアル・規定は品質向上に有効である」と言い続ける事である。

第二に、顧客満足度向上に対する意識の変化である。当社はISO9001認証取得以来、毎年2回の顧客アンケート調査を実施している。お客様から営業担当者、開発担当者、提供システム、保守担当者をそれぞれ評価して頂き、さらに会社としての総合評価をアンケート調査表に記入して頂くものだ。この顧客アンケート調査を実施して、まず当社が行う事は、経営者も含めて関係者を招集した品質会議の場で、当社に対する評価の低いお客様を抽出する事である。ほとんどの場合、低い評価を受ける原因は当社にあり、関係者からのヒアリングにより問題となる原因及び是正方法を品質会議出席者はもちろん社内全員に周知徹底させる事が重要なのである。


15年たった今も、マニュアルや規定を遵守し愚直に行動すること、お客様の評価を真摯に受け止め改善に取り組む事が、当社が目指す「信頼される企業」に近づくものと考えます。PDCAサイクルのPとCの繰り返しに陥ることなく、高品質なサービスの現実に向け、社員のスキルアップによる質の向上と人間力の向上に努め、信頼される企業を目指します。

システムバンク株式会社
品質管理責任者 菊池 直樹


▲このページのTOPへ