SYSTEMBANK システムバンク株式会社採用サイト

INTERVIEW社員紹介

2007年4月入社
開発部
菊池 綾香
AYAKA KIKUCHI
自分もここに立ってみたい、そう思える場所です。
産休・育休からの復帰で、忙しくも充実した毎日です

私は約1年前に産休・育休から復帰しました。復帰するにあたって、もちろん不安はありました。
産休・育休で1年以上ブランクがあって、なおかつ時短勤務という制約の中、以前と同じように仕事がこなせるのか、また、仕事と家事の両立はできるのか…。
でも、いざ職場復帰してみると、意外となんとかなるもので、以前より今の方が効率的に仕事をこなせているように思います。周りの社員からの理解があったことも大きいです。私が時短勤務している分、周りがサポートしてくれる体制を会社として取ってくれているので、とても助かっています。
家事と仕事の両立については、約1年が経ち、やっと生活のリズムができてきた頃です。ただ、毎日家に帰ってからが戦争です…。休む暇もありませんが、子どもが小さい今だけだと思って、子どもの成長をきちんと見逃さないようにしたいなと思っています。
今後は、産休・育休、そして職場復帰を受け入れてくれた会社に、恩返しの意味で、自社のシステムをより良いものにするため、開発担当としてできる限りのことをしたいと考えています。そのために、技術を磨いたり、知識を増やしたりと、自分自身のスキルアップを図りたいです。
また、女性社員が多いので、私に続く女性の指標となるように、仕事も育児も全力で取り組みたいです。

自由な社風の中でともにチャレンジしましょう

職場環境についてですが、当社は女性の割合が多く、しかも大学でプログラミングを経験せずに入社している方が多いのが特徴ですが、先輩が多く在籍しており、不安感なく働けているようです。社内のイベントは、ボウリング大会・夏のビール会・観楓会・忘年会・決算慰労会など、賑やかに行っています。
また、社長以外は、社内では肩書きではなく、さん付けで呼びあっており、上下関係がフラット化していることが社風に良い影響を与えているようです。当社はまだまだ成長過程にあるベンチャー企業ですが、30年以上にわたって札幌から全国へ発信する企業として成長してきた理由は、こだわりながら開発し続けたことだと考えています。
ぜひ、札幌の中心から自由な社風の中で私たちとともに全国に向かって挑戦しませんか?たくさんの熱い気持ちを持った方をおまちしております。

RECRUIT

採用情報 詳しくはこちら